本文へ移動
大分県PTA連合会
〒870-0951

大分県大分市大字下郡496-38
大分県教育会館2階
TEL.097-556-9055
FAX.097-556-9155

●地区PTA活動
●研修会、講演会の実施
●広報活動

大分県PTA連合会は研修会、広報活動等を通し、教育について保護者と教職員との相互理解を深める活動を行っています。児童、生徒の健全な育成を願い活動しています。

2
0
9
9
7
6

宣言・決議

宣言 決議

宣言 決議

令和2年度 宣言 決議

(2020-06-05 ・ 228KB)

令和2年度基本方針・年間スローガン・活動目標

令和2度 基本方針・年間スローガン・活動目標

  
令和2年度
大分県PTA連合会基本方針・年間スローガン・活動目標
Ⅰ はじめに
   大分県PTA連合会は、各郡市PTA連合会(協議会・育友会)と連携し会員の研修を通して、70年を超えて、子どもの健全育成に努めてきた。
   そんな中、学習指導要領の改訂に伴い、プログラミング教育や道徳、小学校での英語の科目導入など教育改革が次々と施行されている。本県においても県教委は、学校の組織的課題解決力の向上を図るため、子どもの力と意欲の向上に向けた「芯の通った学校組織」活用推進プランを進めているが、子どもたちがこれから生きていくソサイエティ5・0超スマート社会において、これらの教育改革が果たして子どもたちの学力と体力を含め、「生きる力」の向上や豊かな人間性の形成に真に繋がっているのか、PTAとして見極め、そのうえで、学校・地域とともに子どもたちを健全に育む使命がある。
さて、近年、IT・ICTの普及、AI技術の急速な進歩に伴い、私たちのみならず、子どもたちを取り巻く社会環境は急激に変化している。
そのうえ、本年は未知の病「新型コロナウイルス」の世界規模の感染拡大により、国の緊急事態宣言のもと、全ての国民は不要不急の外出等を自粛し、テレワークなど新たな生活スタイルへの順応を余儀なくされた。
この未曾有の状況の中、学校は3月から臨時休校となり、子どもたちは5月の分散登校開始までの2カ月以上もの間、自宅待機となった。「子どもたちの命を守る」措置とは言え、子どもたちの小さなカラダとココロには重い負担を負わせてしまったうえ、子どもたちの輝く未来のためのかけがえのない貴重な時間を失うこととなった。私たちは、今、子どもたちの成長と未来に対し、これまで感じたことのない不安を募らせている。
しかし、どのような状況であっても、どのような災難が降りかかってこようとも、私たちは決して臆せず、子どもたちの未来を絶対に諦めるわけにはいかない。私たちは、今まさに、試されている。子どもたちに示すべき大人としての姿を、私たちの生きる力を。
これからの子どもたちに養うべき「生きる力」とは何か、どのような試練にも負けない真の家庭教育とは何か、家庭の絆とは何か、全力で答えを導き出さなくてはならない。
大分県PTA連合会は、年間スローガンを「ともにつながり育て合おう!光り輝く地域の宝(こどもたち)のために ~PTA(つどい)・協育(そだてる)こどもの未来(ゆめ)~」とし、家庭・学校・地域の力を一つにし、社会全体で子どもの成長を見守り、子どもたちが当然のように毎日学校に通う日常を当たり前のものと軽んじることなく、平穏な生活の中にある「幸せ」を感じ、大切にし、子どもたちの輝く未来ために、家庭・学校・地域の教育力の総合的向上と子どもたちの健全育成に真摯に取り組んでいく。
 
Ⅱ 基本方針
1  会員は、大分県PTA連合会「PTAの心得(こころえ)」を共通理解とし、子どもへの愛情と
  責任、その役割を再認識し、子育てとともに家庭教育力の向上に努め、大分県PTA連合会は、
会員一人ひとりの生涯学習を支援していく。
 2  単P、郡市P連は、学校・地域・関連機関等との連携に努め、子どもの健全育成、児童福祉の
向上、PTA活動の活性化、さらには、家庭・地域の教育力の強化のための各種研修会の積極的
な実施に努め、大分県PTA連合会は、その活動を支援していく。
 3  大分県PTA連合会は、財務の有効かつ適正な運用、時代に合った組織の見直しと充実した活
動、円滑な運営により家庭教育・学校教育団体としての使命を果たしていく。
 
Ⅲ 年間スローガン
       ともにつながり育て合おう!光り輝く地域の宝(こどもたち)のために
     ~PTA(つどい)協育(そだてる)・子どもの未来(ゆめ)
Ⅳ 活動目標
1 子どもの健全育成
(1) 家庭教育の充実
① 子育ての基盤は家庭にある」ことを基本とし、大分県PTA連合会「PTAの心得(ここ
  ろえ)」を活用するとともに、会員一人ひとりが保護者としての役割を再確認し、我が子に対
  してしっかりと愛情と責任を持って、子育てとともに自己研鑚に努める。
   ② 生涯学習の視点に立った研修活動を推進するとともに、保護者として自信をもって子ども
     の教育に関われるよう家庭教育のあり方を学習し、家庭の教育力向上に努める。
③  子どもの健全な成長と食生活のために食育の推進を図る。
(2) 会員および家庭・学校・地域・関係機関による「協育」のネットワーク強化
    ① 多くの会員の参加の下、学級懇談会を充実させ、先生とのコミュニケーションを図る中で、
子どもの健全育成に努める。
② 家庭・学校・地域の連携を強化し、協働で問題解決の方向を探る。また、目的を同一とす
  る関係機関等との連携により地域教育力の向上に努める。
③ 各種の研修会に参加し、子どもたちの人格形成の基盤は家庭教育にあることを再認識し、
保護者が協力して子育てにあたるなど家庭のあり方についての啓発に努める。
④ 児童・生徒の健全育成や非行防止をめざし、家庭を軸に学校・地域が一体となって青少年
  を取り巻く生活環境(有害図書、俗悪テレビ番組、危険ドラッグ等薬物吸引、出会い系サイ
  ト等)・教育環境・社会環境の健全化を図る。
⑤ 青少年健全育成諸団体と連携協力して、家庭内での虐待防止を推進する。
  ⑥ 「ここは命の星基金」は、各災害時等のPTA会員の命に関わる活動に活用する。 
 
2 会員の資質の向上
(1) 子育て、自己研鑚に関する研修の充実に努める。
(2) 郡市P連の各種研修会の充実を図る。
(3) 単P役員及び県P連役員等の各種研修の充実に努める。
(4) 会員の教育力向上をめざす各種研修会等への積極的な参加を推進する。
 
3 PTA組織の確立と運営の強化
(1) 県P連は、郡市P連と単Pとの連携を強化し、その運営を支援する。
(2) 県P連主催研究大会の運営の円滑化を図る。
(3) 時代に合った組織、特に専門部活動の充実に向け、組織力の強化を図る。
4 義務教育の振興
(1) 義務教育振興のため、教育諸条件の整備拡充をめざすとともに、県教育行政の方向性を常に注視し、健全な義務教育実現のために大分県教育委員会との関係を密とする。
(2) 教育上の諸問題について、関係諸団体と積極的に意見交換を行い、連携を強化していくとともに会員に対し、その情報を適切に発信していく。
(3) 高校教育への進路指導における「行ける学校」から「行きたい学校」への推進のために県下全中学校において「中学校3年生学力診断テスト」の継続実施とその受検料の助成を県教委に要望する。
 
5 人権教育の推進
(1) 人権尊重を基本とする教育環境・社会環境の整備に努め、子どもの幸福のために、子どもの人権を尊重する世論の形成に先導的な役割を果たす。
(2) 「いじめ根絶の運動」を通して会員に問題提起を図るとともに、人権尊重の機運の醸成に努める。
(3) 自他の生命の尊さや、生きることのすばらしさを実感できる家庭教育を推進する。
 
 6  国際理解教育の推進
     グローバル化、情報化時代に適切に対応する教育の充実に寄与し、国際性豊かな子どもの育成や環境づくりに努める。
 
7 広報活動の推進
(1) 県P広報紙「はぐく美」をPTA活動の活性化や会員に役立つ情報提供に資するため創意工夫し機関紙としての使命を果たすよう努める。
(2) 大分県PTA連合会ホームページを充実させ、広く社会にPTA活動への理解を深めてもらうために、その活動、また、子育て・教育に関する情報の積極的発信に努める。
(3) 大分県全体のPTAの機運を醸成するために、各郡市教育委員会をはじめ、教育・保育施設等、また、関係機関、さらには、県内企業等に対して、県P広報紙「はぐく美」を配布することにより、社会のPTAへの理解と協力を深めるよう努める。
 
8 PTA会員、児童・生徒の安全確保
(1) PTA活動に起因する事故等に対処するため、PTA安全補償制度(全員加入)の充実を図る。
(2) 児童・生徒に対する安全教育の推進を図るとともに、大分県PTA連合会「学生・こども総合保険」の加入促進を図るとともに、自転車搭乗中の安全確保のために、ヘルメット着用を推進していく。
(3) 将来の活動を確かに展開するため、県P連とはぐく美保険サービス株式会社が連携し補償制度の充実を図る。
 
TOPへ戻る